RPAとは?

RPAとは?

RPA(Robotic Process Automation)の略語で
ホワイトカラーのデスクワーク(主に定型作業)を、
パソコンの中にあるソフトウェア型のロボットが代行・自動化する概念の事を指します。

人材不足、高騰する人件費など、先進国を中心に“労働”にまつわる課題は
キリがなく日本国内では、超高齢社会に突入しており
労働人口の低下=労働生産性の低下が大きな懸念となっています。

そんな中、RPAは限られた人材で生産性向上を図れるツールとして、
注目を浴び急速に普及が進められています。

RPAが出来る事

RPAは、ものまねロボットです

元々、人が行っていたパソコン作業を忠実に再現できるのはRPAロボットです。
例えば、
・マウスで左クリック
・キーボードで文字入力
・コピーペースト など
一つの業務の中にあるパソコン操作を“操作単位”で順番通りに覚える事が可能で各操作でカスタマイズが可能です。(入力する内容の変更など)

RPAロボット最大の長所は、ミスをせず、働き続けられる点です。パソコンが問題を起こさない限り正確に作業を行い続ける事ができます。

RPAの得意な領域

Point.1

完璧な
ものまね

人間には出来ない精度で、ものまねを行う事ができ、働き続ける事が可能です。

Point.2

複数のアプリケーションを連携出来る

例えば、インターネットで見た商品の内容をコピーしてエクセルに貼り付ける、といった複数のアプリケーション間での連携を得意とします。

Point.3

アナログとデジタル連携も可能

Point.2の応用になりますが、OCRという「文字認識システム」と連携する事で
スキャナで読み取った紙の資料を自動的にデジタルデータに変換し、システムに入力といったデジタルとアナログの垣根を超えた連携も可能です。

AIとは違うの?

RPAとAIは、似ているようで異なります。
RPAは、人が設定した作業を忠実に行うものまねロボットですが
AIは、様々な情報を元に自己学習を行い、
自ら”判断”し答えを導き出すロボットなのです。

弊社RPA PINOKIOの特徴

PINOKIOは低価格で始められる上、
ツールが定着するまでのサポートが充実しています。
費用面での負担が少なく、扱いやすい設計と体制の為
スモールスタートに最も適したRPAツールとなっています。