マニュアル_Googlesheet(一覧取得 画像仮組)

Google一覧取得

Googleシートにて必要項目の一覧取得を行います。

データ定義設定

1.
画面上部の「データ定義」アイコンをクリックし、新規データ定義を作成します。

2.
今回は「名前」と「メールアドレス」が含まれている一覧タイプのデータ定義を作成します。


項目設定

1.
左側のアクション一覧から「GoogleSheets」アイコンをドラック&ドロップし、フロー図へ追加します。

2.
右側のアクションを「シート値一覧 取得」に設定をします。

3.
「Googleアカウント情報」から任意 のGoogleアカウントを選択します。


対象選択

1.
「スプレッドシートID」から Google Drive内にある「対象ブックの選択」をします。

2.
「対象シートID」から「対象のシートの選択」をします。

3.
※選択されたスプレッドシートから対象シートを探すため、「スプレッドシート ID」→「対象シートID」の順で選択をしてください。


対象項目追加

1.
右下の「取得(入力)する対象の項目情報」欄にて、「追加」ボタンを押下し、データ定義で設定した項目の数分だけ新規項目を追加します。

2.
すると上部の「変数設定」の「ブック項目一覧」に新規項目が追加されます。


変数作成

1.
画面上部の「変数作成」アイコンを押下し、変数の新規作成を行います。
項目は以下のように設定をします。

変数名 : お好みの名前
変数タイプ : データ定義
データ定義 : 先ほど作成しデータ定義
複数(リスト)である : チェックを入れる


項目の紐づけ

1.
右側の「変数設定」欄にて、データ定義で設定した変数を「操作対象の変数名」から選択します。

2.
「ブック一覧」の各項目と「変数一覧」の対照となる項目を交互に選択して、それぞれ紐づけします。


動作確認

1.
実行ボタンを押下し、作成したフローを動作させます。
作成した変数に項目が取得できていれば、正しく動作しています。