HowTo画像分岐

画面状態を判断して作業の分岐をします。

画像分岐アクションを使用し、画面の表示状況に応じて実施する業務を選択します。

Step.1 アクションを追加する

1-1.フロー画面の「WEB」タブをクリック

1-2.「ページアクセス」をフロー図へドラッグする

1-3.「繰り返し・条件分岐」タブをクリック

1-4.「画像分岐」タブをフロー図にドラッグする

1-5.「その他」タブをクリック

1-6.「メッセージ表示」を2つ、フローに追加

Step.2 「ページアクセス」のアクション追加

2-1.フローに追加した「ページアクセス」を選択

2-2.設定項目「URL」にサイトURLを入力。
例:「https://yahoo.co.jp/」

2-3.一旦、実行ボタンをクリック

2-4.PINOKIOのブラウザが開き、Yahooが表示される。

Step.3 「画像分岐」のアクションを設定

3-1.フローに追加した「画像条件分岐」をクリック

3-2.設定項目「分岐一覧」で「分岐1」を選択

3-3.設定項目「条件式一覧」で「追加」タブをクリック

3-4.先ほど実行時に開いたYahooの画面(上記)を表示しておく

3-5.画像エリアの「設定」タブをクリック

Step.4 ひとつ目の「メッセージ表示」のアクションを設定

4-1.フローに追加した「メッセージ表示」を選択

4-2.設定項目「表示するメッセージ」に、「Yhaooを表示中」と入力

4-3.画像条件分岐アクションの「分岐1」のリストに
「メッセージ表示」アクションをドラッグ&ドロップする。

Step.5 ふたつ目の「メッセージ表示」のアクションを設定

5-1.フローに追加した「メッセージ表示」を選択

5-2.設定項目「表示するメッセージ」に、「それ以外を表示中」と入力

5-3.画像条件分岐アクションの「条件外」のリストに
「メッセージ表示」アクションをドラッグ&ドロップする。

Step.6 一旦、実行して確認

6-1.タブ「実行」をクリックし
「Yahooを表示中」というメッセージが表示されたら成功

【応用編】Googleの分岐を足してみる

1.「ページアクセス」をフロー図の上から2段目にドラッグして追加する

2.URLを「https://google.co.jp」と入力

3.一旦、実行ボタンをクリック

4.PINOKIOのブラウザが開き、Googleが表示されます。

5.フローに追加した「画像条件分岐」を選択

6.設定項目「分岐一覧」でタブ「追加」をクリック

7.設定項目「分岐一覧」で「分岐2」を選択

8.設定項目「条件式一覧」でタブ「追加」をクリック

9.先ほど実行時に開いたGoogleの画面(上記)を表示しておく

10.画像エリアのタブ「設定」をクリック

11.Googleの画面でロゴをクリック

12.「メッセージ表示」アクションを
「画像条件分岐」の「分岐2」へドラッグ

13.設定項目「表示するメッセージ」を
「Google表示中」と入力

14.タブ「実行」をクリックし
「Googleを表示中」というメッセージが表示されたら成功

デスクトップに対象画面を表示しておく必要がある

【最後に】フロー図のYahoo用の「ページアクセス」と
Google用の「ページアクセス」を有効にしたり、無効にしたりしてから実行し
正しい結果になるか確認してみる

以上で完了です。