Howto単票形式のExcel項目の抽出(テスト)

単票形式のExcel項目の抽出

単票形式になっているExcelから各項目を抽出します
今回は個人ごとの交通費精算項目を抽出し、一覧にまとめます

Step.1 新規の業務フローを追加

Step.2 操作を記録していく

2-1.ファイル・フォルダタブから
「ファイル一覧取得」を選択し、フロー図へドロップする

2-2.「新規変数追加」をクリックする

2-3.「変数名」を任意の名称に変更・「変数タイプ」を
データ定義に設定・「データ定義」を【システム】ファイル情報定義に設定する

2-4.「フォルダパス」をクリックし、「フォルダ選択」からあらかじめ用意しておいたフォルダを選択する

Step.3 作業内容をループさせる準備を行う

3-1.「繰り返し・条件分岐」のタブから「繰り返し(データリスト)」を選択し
フロー図へドロップする

3-2.データリスト変数の設定を行う

3-3.「変数一覧」から情報を追加する

3-4.変数設定から「一行分のデータを格納する変数」に
先ほど作成をした「ファイル情報」の変数を指定する

Step.4 操作記録画面を表示

4-1.「記録」ボタンをクリックし、操作記録画面を表示

4-2.「Excel操作」ボタンをクリック

4-3.自動記録モードをオンにする

4-4.Excel操作ボタンが赤くつくので、作業を開始する

4-5.用意していたファイルをひとつ開く
※どのファイルでもよい

4-6.Excel「一覧である」をオンにして見出しの項目を取得する

Step.5 変数の設定

5-1.「Excelファイルを開く」から「Excelのファイルパス」を選択
「変数を使用する」を選択し、「ファイル情報」を選択

5-2.「一覧取得」から「リストの項目からデータ定義を作成する」を選択
「データ定義」を選択し、定義名称をわかりやすく変更する。

5-3.「変数一覧」から「新規追加」を選択する。5-2にて作成をしたデータ定義を選択する。

Step.6 データ項目の紐づけ

6-1.操作対象の変数名から作成をした「交通費申請データ」を選択する

6-2.各項目をそれぞれ紐づけする
※データ定義を作成するボタンから作成したものは自動的に各項目が紐づいている

6-3.抽出条件開始タイプを「次の文字を含む」に設定をする
※各項目すべて設定を行う

以上で、記録操作は完了です。
「実行」ボタンをクリックして、実際に動作することを確認します。