【簡単】RPAのしくみ【まとめてみた】

 

RPAについて検索をしているとよくみかける言葉があります

   『エンジニアでなくても作れます』

Excelのマクロならボタン1つで簡単に記録させることはできるけれど、
RPAは適用範囲がお広いんでしょ?

なぜそのようなことが可能なのでしょうか

 

RPAにできること

RPAとは
働き方改革の救世主として注目を集めるRPA

オフィスで行ってきたパソコン業務(キーボード入力、マウス操作等で行う作
業)においてシステムを横断して処理ができるので、大いに活躍することが期待
されています。

たとえば Office製品(Excel・Word・Access など)、Webブラウザ、会社独
自のシステム、メール送信、PDF化、印刷 などの一連の業務を短時間で完了す
ることが可能です。

RPA導入企業の実例を挙げてみます。

 

・経理部門での売上伝票処理の自動化、経費精算の決済や確認の自動化
⇒ 月に2万件処理してきた担当者が決済のみ確認スタイルへ

・紙で保管してきた顧客名簿の読み込みからデータ登録までの自動化
⇒ 2カ月かかっていたものを3日に短縮

・コールセンターにおける顧客情報照会のスマート化
⇒ 熟練スタッフ10名がRPAと新人スタッフ1名で対応可能に

・ECサイト管理
⇒ 3000項目以上の在庫・価格・ポイント還元率などの情報を取得し適切に表示
3人で7日かかる作業がRPAの半日で完了

 

業務の効率化において絶大な効果を上げていることが伝わってきます。
このような時間がかかるけれど量が多いオフィス業務をRPAに任せることで、
私たちは付加価値の高い仕事やコアとなる部分に集中することができます。

 

メリット

 

もちろん業務改善の中には

 

正確さ          入力などのヒューマンエラーをなくし業務品質が向上する、1日の処理件数の予測がたてやすくなる

時間           作業時間の短縮。定型業務に充てていた時間をヒトにしかできないことをする時間に使うことができる

精神的負担の解消  単調で膨大な数の処理から解放される、個人情報に関わる人員を減らせることで情報漏洩のリスクを減らせる

 

というメリットも含まれています。

 

柔軟性

 

これまでのシステムとRPAを比べると

 

・プログラミングなどの専門知識が不要   ITと関わりがない人でも扱いやすく広く応用が可能

・投資やシステム改修不要         0から業務にあうシステムを構築する必要がない、多くのシステムを横断して処理ができる

・既存業務の変更が少ない         既存システムが使える・すでにある業務を代行させるため業務の変更が少ない

 

という点でも柔軟性が高く、職種に関係なく受け入れられるソフトウェアだということがわかります。

 

前提条件

RPAが代替できるのは、定型的なパソコン業務だという前提があります。

 

RPAの代替が可能な作業

・人間の行う「クリック」、「ペースト」、「文字入力」といった操作

・頻度や量が大量である

・決められた操作を繰り返す

 

それではどういう仕組みでパソコン上の操作を認識・記録しているのかみていきましょう。
多くのRPA製品で共通する作業は

 

パソコン上でRPAソフトウェアを立ち上げる

手作業で行う操作を記録・編集する

記録させたシナリオに沿って処理を実行させる     ことになります。

 

RPAツールの操作画面や方法については各製品で違いがありますが、②記録を行うための操作対象の認識方法については大きく3つに分けることができます。

 

RPAの認識方法

1.オブジェクト認識方式

アプリケーションのHTML/CSS構成を分析し、対象のオブジェクトを構造的に認識し、操作を記録する方式

メリット   : デザイン変更や画面サイズ変更に強い

デメリット  : コードが重複していると動かない、ソースコードを読める程度のスキルが必要なものもある

 

2.文字イメージ認識方式 (画像方式)

画面デザインや文字などをOCR技術で識別し、画像認識でとらえる。

メリット   : 同じ画像と認識される限りは追随できる。解像度やアスペクト比が変わる、ボタンの形状が変わっても間違えずに指定できるものもある。

デメリット  : 同じウィンドウが複数表示されている、デザインが変わると認識できなくなる

 

3.相対位置認識方式 (座標方式)

画面上の操作位置を座標でとらえる

メリット   : シンプルな指定方法で処理が高速

デメリット  : ウィンドウサイズ、レイアウトが変わると正しく座標を指定できなくなる

製品によっては認識方法が完全に分けられているのではなく、部分的にオブジェクト方式で修正できるもの・オブジェクト方式でもソースコードを読む必要なく扱えるものもあります。
これらの認識方法や操作処理を編集する構造がパッケージ化され製品として届くので、担当者は画面上でファイルや設定ボタンを選ぶだけで操作を簡単に覚えさせられるのです。

 

まとめ

執筆現在でも新しいRPA製品が続々とデビューを果たそうとしています。
「業務を効率させる」ことは共通ですが、
画面認識が得意  ブラウザとの連携が得意  メール送受信が得意  会計業務が得意 など
それぞれに特徴がありますので、製品を選択する際には効率化させたい業務に適した製品を選択しましょう。RPAへの注目は高く、今後もより扱いやすい製品が出てくることが期待されています。

しかし、導入された製品の長所・短所を交えながら、

どのような組み合わせでシナリオを組み立てていくかは担当者の腕の見せ所

といえるかもしれません。

 

RPA製品や付随するサービスのバリエーションは多くあります。
まずは少しだけ試してみませんか?
【安い・早い】スモールスタート4選

導入費用を抑えることができるかもしれません。
「IT導入補助金(上限50万円)について」

業務にマッチするものを見つけておけば導入を提案するときの良い事例になります。PINOKIOで無料で1ヶ月試してみませんか。

 

 

PINOKIOなら

初期導入費用無料ではじめられ、月単位のご契約なので契約の更新と解除もスムーズです。
操作もタッチパネル式の簡単操作で、専任のエンジニアを雇う必要もなく
主体的に現場担当者が動かせる仕様になっています。
今なら無料で業務を一つ自動化していますので、お気軽に資料をご請求ください。

RPA技術者検定 資格保有した方がいいのか?

これからの需要がますます高まると期待されているRPA。
2018年になりついには資格も登場しました!
>その名も「RPA技術者検定」

 

 RPA技術者検定とは 

ユーザーのWinActorを使用したRPA技術習得レベルを客観的に評価できるように2018年に開発された検定。

・NTTとヒューマングループが協業して始めたサービス検定
・そのソリューションである「WinActor」に関する技術取得レベルを評価する
・技術目安によって3つのレベルに別れている

対象:WinActorにより業務の自動化に取り組むユーザーや、WinActorを提供する側の技術者等

 

この記事をご覧になっている人は、現場で利用することになる事務担当者の方が多いのではないでしょうか?
職種に関係なく利用されるRPAですが、資格を保有していればメリットはあるのか?
資格の対象者は誰なのか、具体的に考えていきたいと思います。

 

RPAについては下記記事にてまとめていますのでご覧ください。
【基本】RPA導入を考えている人へ【まとめ】

 

WinActorについて

販売元:NTTデータ

これまでの提供実績は800社を超え、国内シェアNO.1を誇るNTTのソリューション。Excelやブラウザはもちろん、ERPや、ワークフロー、OCRから個別の業務システムまで、Windows端末から操作可能ならあらゆるアプリケーションの操作手順をシナリオとして学習し、 自動化できる点が強み。
導入しやすいデスクトップ型~サーバー対応型のWinDirectorの提供も行っているため業務拡大時にも心強い。他にもオプションが多くあり、自動化する対象を組み合わせられる。NTTデータやパートナー企業が国内に多くあり、専用問合せセンターや支援体制が充実しているため導入後も心強い。有償トライアル期間で社内業務を自動化、各種研修サービスの受講が可能。「技術研修」や「適用業務コンサルティング」など有料だが支援サービスが網羅されている点が魅力。

 

資格詳細

概要

cこの資格はもともとNTTデータが特約店の販売者向けに提供していた試験でした。
しかし、利用者もシナリオ作成の自習環境や、高めた技術力に関する客観的な評価を求めていることをうけ、ユーザー向けに新しく作成したのが RPA技術者検定

エキスパート以上の試験を合格すると、スキルアピールの一環として名刺などへ記載することができる。
記載方法については文言・ロゴ・フォントサイズまで細かく指定されている。

これまでNTTデータでは、100社を超えたWinActor特約店向けに、RPA技術研修(WinActor)の講師スキルを評価・認定する制度と、特約店の技術者のスキルを評価する制度を運営してきました。このたびのRPA技術者検定は、特約店向けに提供していた試験の内容・制度を、一般向けに見直したもので、効率的かつ客観的にWinActorのシナリオ作成スキルを評価するものとなっています。

対象:WinActorにより業務の自動化に取り組むユーザーや、WinActorを提供する側の技術者等

内容:上からプロフェッショナル、エキスパート、アソシエイトの3段階

参考「NTTDaTa」

 

アソシエイト エキスパート プロフェッショナル
技術の目安

WinActorの基本

独力で複雑なシナリオを構築できる

WinActor応用

に関する深い知識を有し、障害時に原因をみつけシナリオを構築できる

WinActor発展

他人作成シナリオの解析・修正や、ライブラリの開発ができる

受験日 365日 年間4回 年間1回
試験形式 選択式50問 実技4問 実技+面談
試験時間 60分 120分 120分
合格基準 正答率70%以上 正答率70%以上 検討中
受験資格 なし なし エキスパート合格者
受験会場 全国150会場 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡 東京
受験料 6,500円/回(税込) 15,000円/回(税込) 検討中

 

メリット

・スキルをアピールできる指標になる

・スキル向上のモチベーションが高まる

・効率的かつ客観的にWinActorのシナリオ作成スキルが評価される

・名刺に資格保有者だと記載することが可能

 

 

資格試験に関わるセミナー

 

講 座 名 内 容 期 間 料 金
WinActorハンズオン ・初めて利用する人向け ・WinActor概要や短時間体験 0.5日間 2万円(税別)
WinActor基本操作 ・初めて利用する人向け・基本操作を習得  概要 変数 操作の記録 シナリオ作成 0.5日間 3万円(税別)
WinActorシナリオ作成 ・「基本操作」を受講した人対象 ・シナリオ作成、操作(Web、csv、Excel) 0.5日間 2万円(税別)
RPAトレーニング基礎<関西限定>  ・導入を検討している、体験してみたい人向け ・RPA概要、シナリオ作成から実行まで 0.5日間 2.5万円(税別)
2.ヒューマンリソシア株式会社(NTTデータと協業)
RPA入門講座 期 間 料 金
受講料無料
・初心者向け、基本的な動きや使い方を学習
・eラーニング形式、Web上で視聴できる
無 制 限 無 料
これで解決!WinActorシナリオ作成講座(よくある操作編) 期 間 料 金
法人を対象としている
・eラーニング形式Web上で視聴できる
・基本操作を理解した人向け・現場で使える利用頻度の高いシナリオ作成方法を学べる
Web視聴30日間 2万円(税別)

 

 

大塚商会のコースは一般でも受け入れをしているようですが、受講時間のわりに受講料が高いです。

ヒューマンソリシアのコンテンツは受講料は大塚商会より低いですが法人向けのため個人では受講できません。

何より 勤めている企業がRPAを導入することになれば、導入先企業からツール捜査の説明や研修を受講することができます。

 

習得した方がよいのか?

保有資格についてはあって困ることはないでしょう。
しかし一般事務などの従事者にはさほどメリットを感じられない資格だと感じます。
なぜなら

 

・対象がWinActorにより業務の自動化に取り組むユーザーや、WinActorを提供する側の技術者である

・試験対策本などがなく、法人向けのセミナーや高額なセミナーの受講をしないと学習ができない

・求人サイトで資格名を検索すると特定の範囲しかでてこない

 

からです。

 

対象がWinActorにより業務の自動化に取り組むユーザーや、WinActorを提供する側の技術者である

 

概要にもある通り、この試験はかつてNTTデータがWinActerを販売する代理店の習熟度を測るために行っていた試験です。

合格者は名刺へ資格を記載することができますが、細部まで指定されていることからも一般事務員よりも代理店や営業部員が取得することを想定しているのでしょう。

 

試験対策本などがなく、法人向けのセミナーや高額なセミナーの受講をしないと学習ができない

 

試験対策と言えば試験対策本です。しかし「RPA認定試験」について参考書をみつけることはできません。

実技もあるのに書籍化されていないということは、操作できる環境があるセミナーなどに出向く必要が出てきます。

実際に行われている試験に関わるセミナーを調べてみました。

 

求人サイトで資格名を検索すると特定の範囲しかでてこない

「RPA アソシエイト」「RPA エキスパート」で求人検索をかけると、主に2つの仕事でニーズがあります。

派遣形態でのRPA関連事務 と RPAコンサルタント です。

派遣労働者のRPA関連事務は一般事務に比べ時給も高く設定されているため、資格を保有していれば恩恵をうけられます。
しかし前提である資格を保有するためには、派遣登録会社で長期の特定の講座を受けるか、あるいは自力でセミナーなどに参加しないといけません。

RPAコンサルタントの仕事をしている方については、逆にお客様導入後のサービスなど資格保有者でないと許可されていない場合があります。

上記のセミナーは正にそういった人が対象なのではないでしょうか。必要経費として会社で負担してくれることが考えられます。

この2つの業務に関わる可能性が低い人は保有していても活用する場がほぼないといえるでしょう。

 

 結 論

個人では資格対策勉強をする難易度、コストから取得不要と考えます。

実務経験なしにWinActorについて学ぶ方法

 

しかし個人でWinActorに関する知識や資格を習得したい!という人はどうすればよいのか考えてみました。

別記事にまとめていますのでご覧ください。

個人学習でRPAのシナリオ作成を勉強する方法を考えた【コスト重視】

 

 

まとめ

 

RPA技術者検定」資格保有をおススメするのは

・RPAコンサルタント業務に携わる人

・NTTデータ製品の代理店勤務者

 

資格保有者のメリット

・一定のWinActorのシナリオ作成スキルを示し、名刺へも記載できる。
・信用を得られる。
・派遣形態でRPAに関わる事務職では一般事務より時給が高い。

 

個人で低コストで資格を取得する手段もあるが、必要性が高くないのであれば保有するメリットは低いと考えられる。

業務のために取得することを薦められるのであれば、学習ツールや費用について説明し、受講料を会社で負担してくれないかまずは相談してみましょう。

何より大事なのは、「WinActor」に特化した資格だという大前提を忘れてはいけません。

 

 

PINOKIOなら

初期導入費用無料ではじめられ、月単位のご契約なので契約の更新と解除もスムーズです。
操作もタッチパネル式の簡単操作で、専任のエンジニアを雇う必要もなく
主体的に現場担当者が動かせる仕様になっています。
今なら無料で業務を一つ自動化していますので、お気軽に資料をご請求ください。