マニュアル_Util(メッセージ表示 画像仮組)

Util メッセージ表示

任意の値メッセージ表示します。

アクション設定

1.
左側のアクション一覧から「その他」アイコンをドラック&ドロップし、フロー図へ追加します。

2.
処理概要欄のアクション項目を「メッセージ表示」に設定します。


表示させたい値が変化しない場合(固定値の場合)

1.
画面右側の「メッセージ表示設定」 欄にて、「固定値」と書かれたテキストボックスを押下します。

2.
ウインドウが表示されたら、「固定」と記載されたテキストエリア内に表示させたい文字を入力します。


表示させたい値が毎回変化する場合(変数の場合)

1.
画面右側の「メッセージ表示設定」 欄にて、「固定値」と書かれたテキストボックスを押下します。

2.
ウインドウが表示されたら、「値タイプ」を「変数を指定する」に変更します。

3.
値が格納されている変数を「変数名」から選択します。

4.
「変数タイプ」が「データ定義」に切り替わっていることを確認します。

5.
「データ定義名」が誤っていないかを確認し、「項目名」から表示させたい値を選択します。


動作確認

1.
実行ボタンを押下し、作成したフローを実行させます。
再生中に固定値 or 取得した値が格納されている変数がメッセージ表示されれば、動作しています。