マニュアル_メール(メール送信 画像仮組)

メール メール送信

事前に作成したテンプレートをもとに、メールを送信します。

アカウント設定

1.
画面上部の「アカウント設定」を押下する。

2.
ウィンドウが開いたら、アカウント種別を「メール送信アカウント」に切り替えます。

3.
画面が切り替わったら「追加」ボタンを押下し、
「新規メール送信アカウント」がアカウント一覧に出てくることを確認します。

4.
右側の設定項目は以下のように設定します。
認証有無 : チェックを入れる
ログインID : 任意のメールアドレス
パスワード : 任意のパスワード
※お好みでアカウント名を変更することができます。

5.
入力が終了したら、画面を閉じる前に更新ボタンを押してください。


テンプレート作成

1.
画面上部の「Mail設定」を押下し、ウィンドウが出てくることを確認します。

2.
ウィンドウ画面右上の「追加」ボタンを押下します。

3.
テンプレート一覧に「新規送信テンプレート」と出てくることを確認します。

4.
新規で追加したテンプレートを選択し、
「テンプレート詳細画面」にて下記情報を入力します。
「送信元」(From)
「送信先」(To)
「件名」
「本文」

取得したデータを埋め込む場合

1.
予めExcelやWebから取得したデータをメールに埋め込むこともできます。
例:
メールの送信先をまとめたExcelファイルからメールアドレスを取得し、
送信先に代入 etc…

2.
「データ定義」から、同じフロー内で取得するデータ定義を選択します。
「挿入可能項目一覧」に項目一覧が表示されていることを確認します。

3.
メールテンプレート側に代入したいテキストボックスを押下してから、
・クリックした箇所に代入したい項目を
「挿入可能項目一覧」から選択します。
・項目が選択されている状態で、「データ定義」下の
「選択中の項目タグを配置→」ボタンを押下します。
・${itemName1}といった項目のIDが表示
されている箇所に、項目一覧から選択した項目が代入されます。

4.
全ての設定が終了したら「更新」ボタンを押下し保存して画面を閉じます。
後で内容を変更した際にも同様に「更新」ボタンを押下して、変数を反映させてください。


アクションの選択

1.
左側のアクション一覧から「メール」アイコンをドラッグ&ドロップし、
フロー図へ追加します。

2.
処理概要欄のアクション項目を「メール送信」に設定します。


変数設定

取得したデータをメール内容に置換したい場合は、
「変数一覧」で変数を設定後に、「置換データ取得対象の変数名」から
変数を選択してください。
※データの置換が不要な場合は、この項目は未入力でも構いません。

項目の選択

1.
「送信アカウント」から予め設定しておいた、
メールアカウントを選択します。

2.
「使用するテンプレート」欄から、MAIL設定画面で
作成した送信メールテンプレートを選択します。


動作確認

1.
実行ボタンを押下し、作成したフローを動作させます。
メールが指定した送り先に届けば正しく動作しています。
※フロー作成中の段階では、メールの誤送信にご注意下さい。