マニュアル_Excel(シート新規作成 画像仮組)

Excelの一覧書き込み

一覧取得したデータをExcelに書き込みます。「Excelの一覧取得」などのアクション組み合わせて使用します。

Excelの一覧取得

1.
「Excelの一覧取得」にて作成したフローを活用します。
フロー図の続きに新しくフローを追加していきます。
グループ化アイコンをドラッグ&ドロップし、まとめておくことが可能です。


書き込み先Excelの作成

1.
Excelを新規作成します。

2.
書き込み項目のタイトルを記入します。


セル情報の設定

1.
自動記録モードを開き、以下のように設定をします。
自動記録モード : ON
項目の値を : 設定する
対象は : 一覧である

2.
先ほど作成した書き込み先となるExcelを開きます。

3.
タイトルとなるセル情報を押下し、取得していきます。


Excelファイルの保存

左側のアクション一覧から
「Excel」アイコンをドラック&ドロップし、フロー図へ追加します。

2.
処理概要欄のアクション項目を「ファイルを保存」に設定します。

3.
右下の「Excel終了時設定」の「保存して閉じる」にチェックを入れます。


動作確認

1.
実行ボタンを押下し、作成したフローを動作させます。指定されたExcelから項目を取得し、指定した別のExcelに取得したデータが書き込みできていれば、動作しています。