マニュアル_条件分岐(条件分岐 画像仮組)

条件分岐

フロー内の実行結果により、以降の処理を分岐します。
「セル一覧取得」や「繰り返し」、「メール送信」などのアクションと組み合わせて使用します。

アクション設定

1.
画面左側の「条件分岐」アイコンを画面中央のフロー図内にドロップします。

2.
処理概要欄のアクション項目を「条件分岐」に設定します。


設定手順

1.
「分岐設定」欄にデフォルトで追加されている「分岐1」をクリックします。

2.
クリックしたら、「条件設定」欄の「追加」ボタンをクリックし、
「分岐1」の条件内容を設定します。


条件内容の設定について

条件分岐では、ある値ともう一つの値を比較することで、結果が
「真」の場合は、処理を実行する or しない、
「偽」の場合は処理を実行する or しない、
を設定します。

例)エクセルから取得した金額が、WEBから取得した
値と等しい場合には、
「分岐1」に登録したフローを実行、
値が等しくない場合には
「それ以外」の処理を実行するといった具合です。

また、「条件タイプ」で複数条件を設定することができます。
例)
エクセルから取得した金額と
WEBから取得した金額が等しい
「かつ」
エクセルから取得した氏名と
WEBから取得した氏名が等しい場合には、
「分岐1」 に登録したフローを
条件を満たさなかった場合には、
「それ以外」 に登録したフローを
実行させるような感覚です。

条件分岐の内部処理について

フロー図内にドロップした「条件分岐」アイコンには、
その内部にさらにフローを挿入することができます。

条件設定欄で設定した条件に当てはまる方
のアイコンの内部に、条件が合致した
場合に実行させたいフローを挿入します。

反対に合致しなかった場合に、実行させたい
フローを「それ以外」の内部フローに挿入します。

(分岐は「分岐1」と「それ以外」の他にも任意の数だけ追加することができます。
その場合は、ドロップされた分岐アクションの内部フローを左側から順に評価し、
結果が「真」になった時点で合致した内部フローが実行され、その他は実行されません。)


動作確認

実行ボタンを押下し、作成したフローを動作させます。

フローを実行し、「条件分岐」で設定した条件式の結果が
「真」の場合に登録した内部フローが実行されれば、正常に動作しています。

具体例

セル一覧取得、繰り返し、メール送信を使う。