HowTo WEBデータ抽出&Excel保存

WEBからデータを取得して、EXCELに転記

サンプルとして、WEBサイトからデータを取得し、
Excelにデータを登録していく作業をロボットに覚えさせる手順をご説明いたします。
基本の手順ですので、自身の業務を自動化する際に応用してください。

Step.1 新規の業務フローを追加

1-1.業務フロー作成画面の「新規作成」ボタンをクリック

Step.2 操作記録画面を表示

2-1.「記録」ボタンをクリックし、操作記録画面を表示

2-2.「ブラウザ操作」ボタンをクリック

2-3.WEBクローラー設定画面が表示されるので、
データを抽出したいWEBサイトのURLを入力

2-4.「アクセス」ボタンをクリック

Step.3 抽出する項目を選択

3-1.操作記録画面で、「項目取得」「一覧取得」をONにする。

3-2.表示されているWEBサイトの、抽出したいデータをクリック

すると、以下のような画面が表示されます。

「取得できる行一覧」には、
クリックした項目と同じグループのものがリストアップされます。
これが、取得できるデータの一覧となります。
「取得できる項目」には、
行内の他の項目がリストアップされています。
取得したいデータが含まれていない場合、
取得しようとしている行の内容を含むさらに親の行が存在する可能性があります。
その場合、「1階層上へ」ボタンをクリックして、
親の行を取得対象とすることができます。
取得できる項目に、取得したいデータが現れるまでクリックしてみてください。

3-3.「取得できる項目」に取得したいデータが
すべて含まれていることを確認し「次へ」をクリック。
次に、以下の画面が表示されます。

4.PINOKIOのブラウザが開き、Googleが表示されます。

5.フローに追加した「画像条件分岐」を選択

6.設定項目「分岐一覧」でタブ「追加」をクリック

7.設定項目「分岐一覧」で「分岐2」を選択

8.設定項目「条件式一覧」でタブ「追加」をクリック

9.先ほど実行時に開いたGoogleの画面(上記)を表示しておく

10.画像エリアのタブ「設定」をクリック

11.Googleの画面でロゴをクリック

12.「メッセージ表示」アクションを
「画像条件分岐」の「分岐2」へドラッグ

13.設定項目「表示するメッセージ」を
「Google表示中」と入力

14.タブ「実行」をクリックし
「Googleを表示中」というメッセージが表示されたら成功

デスクトップに対象画面を表示しておく必要がある

【最後に】フロー図のYahoo用の「ページアクセス」と
Google用の「ページアクセス」を有効にしたり、
無効にしたりしてから実行し
正しい結果になるか確認してみる

以上で完了です。